デジタルロックとアナログロックでダブルの防犯対策

近代的な技術はアナログ的なものもどんどんとデジタル化してきており、そのデジタル化された製品は私たちの生活の中で欠かせない存在となっています。例えば以前であれば時計はアナログのものしかありませんでしたが、ある時代からデジタル時計が主流となり、今では携帯電話の中に内蔵されるくらいになりました。そのような流れは鍵にもあり、アナログの鍵とデジタルの鍵、つまりアナログロックとデジタルロックという二つの存在が市場に登場しているのが現状です。そしてこのデジタルロックとアナログロック、この二つをダブルで組み合わせることによって、今まで以上に良い防犯対策を行うことができると言えるでしょう。

デジタルロックの代表例としては、テンキータイプの鍵が挙げられます。テンキータイプの鍵とは、電卓のような数字を打ち込むボタンがあり、そこに所定の番号を入力することによって鍵を解錠するというものです。テンキータイプの鍵は番号さえ知っていれば解錠できますので、鍵そのものを持たなくても良いのが特徴なのですが、その反面、番号が流出してしまうと勝手に解錠されてしまうというリスクが考えられます。そのため、その脆弱性をフォローする上で鍵本体を使用するアナログロックを使用することが最適であると言えます。

この二つのタイプの鍵を組み合わせることによって、便利な解錠と手堅い施錠という二つの効果を併せ持たせることが可能ですので、普通に鍵をしているよりも防犯性能はかなり高くなります。それゆえに、不法侵入者などの対策を確実に行えるようになるのです。

これから防犯対策の一環として鍵の導入を検討しているとか、今以上にセキュリティ性能を高めたいと考えている場合は、この二つの鍵をワンセットとして導入してみるのはいかかでしょうか。そうすれば相互作用によって大きな防犯性を有することとなり、今まで以上に安心した生活を送ることができるでしょう。