日本製と海外製の鍵、どちらが不調をきたしやすい?

安心の品質とサポートの受けやすさがウリの日本製の鍵。オシャレで性能もよい海外製の鍵。どちらも魅力的ですし、最近の輸入住宅などであればオシャレな海外製の鍵を使用している家が多くなっています。鍵としての性能面だけで言えばどちらを選んでもよいのですが、トラブルの起きやすさ、不調のきたしやすさという普段の安心感はどちらのほうが上なのか。どちらのほうが問題が起きやすいのかという点で考えてみましょう。

鍵の品質でどちらが上という話ではないのですが、実際にトラブルが起きやすいかどうかで考えると、やはり海外製のほうが起きやすいでしょう。というのも、海外製はあくまで海外製。つまり日本での使用を前提には作られていないのです。日本の住環境、気候などにおいて、適しているのはどうしても海外製よりも日本製です。海外製も日頃からのメンテナンスをしっかり行っていればそうそうトラブルは起きないものですが、より安心できるのは日本製ということですね。

また、いざ何か起きた時も日本製のほうが安心できます。メーカーが日本にあるわけですから、対応も早いですし何かと融通も利くでしょう。街の鍵屋さんでは海外製に対応していないということもあるので、そういった面も含めて総合的に満足度が高いのは、どうしても日本製になってきます。

自宅の鍵にはどちらのほうが適しているのか、それぞれのメリットとデメリットをしっかり理解したうえで選択するのが賢い選択だと言えるでしょう。