鍵が鍵穴の中で折れたら交換するのが最善の方法

鍵は頑丈というイメージを持たれている方は多いと思いますが、現実的に見て鍵が鍵穴の中で折れるというトラブルが起こるケースは多々報告されています。なぜこのようなことが起こるのかというと、まず鍵が私たちが思っているほどに頑丈ではないということ、またその鍵が頑丈であるというイメージがあるゆえに手荒に扱ってしまって鍵の耐性を上回る力で鍵を回してしまうことなどが原因として挙げられるでしょう。このような流れで鍵が鍵穴の中で折れてしまった時、どのような方法で対処を行えば良いのでしょうか?これについては、最善の方法として鍵を交換することが挙げられます。

鍵の交換は基本的に鍵屋さんなどの専門業者に行ってもらうことができます。どのようにして鍵を交換するのかというと、まず玄関などに取り付けられている鍵を取り外して新しく鍵を取り付けるという当たり前の方法が行われます。この鍵の交換を行うことによってどのようなメリットがあるのかというと、鍵穴の中で折れた鍵を取り出す必要が無いこと、そして新しい鍵になるため弱ってしまった鍵を一新することができるなどが考えられるでしょう。

ただ、鍵穴で鍵が折れてしまった場合、その症状が軽度であれば鍵穴から折れた鍵の破片を取り出す処置をするだけでも十分なケースもあります。そのため、鍵が折れた原因などを精査し、鍵を交換するべきかどうかを見極めることは大切になってくるでしょう。かといって、コスト面を省けばどのようなケースでも鍵を交換することがベストであることに変わりはありません。

鍵が折れてしまうことなんてまず無いと思い込んでいる人でも、ふとした瞬間に鍵が折れてしまう体験をする可能性があります。そうなってしまわないためにも、鍵は折れるものであるという認識を持っておき、万が一鍵が折れてしまってもできるだけ早急に交換が行えるような体制をとっておくことが大切になってくるでしょう。