マスターキーが壊れると全ての鍵もダメになる?

鍵にはマスターキーとスペアキーが存在し、マスターキーが壊れてしまうのはよくないと言われています。ではマスターキーが壊れたら他の鍵も全てダメになってしまうのかというと、そういうわけではないんですよね。
マスターキーが壊れることで困ってしまうのは、「大元になった鍵がなくなってしまうから」です。スペアキーはすべてマスターキーを基に作られているわけですが、いくら同じ鍵を複製したといっても、やはりそこは多少の誤差がでてしまいます。施錠解錠には問題なく使えるレベルであっても、全く同じものを作るというのはできないんですね。

ということは、です。すでに微妙な違いができてしまっているスペアキーから更にスペアキーを作ると、違いがもっと大きくなってしまいますよね。つまりスペアキーを作る際は必ずマスターキーから作るべきであって、マスターキーが壊れてしまう=再度スペアキーを作ることができなくなってしまうということになります。(実際に作ることはできますが、繰り返すことでどんどんマスターキーとは程遠いものになってしまいます。)

そういった点を考えると、マスターキーが壊れてもすぐに全ての鍵がダメになってしまうわけではないものの、いずれはダメになってしまう可能性が大きくなっていきます。マスターキーが壊れたらスペアキーからスペアキーを作って対処せず、街の鍵屋さんではなくメーカー自体に相談して、マスターキーを作り直すようにしてください。一時的な手間や費用は大きくなってしまいますが、結果的にはそれが一番確実で被害の少ない方法になりますからね。